西国三十三観音札所

ご朱印は本来参拝したときに写経し、その経文を納め祈願した証として寺からいただく御朱印のことですが、現在は参拝しただけでいただけるようになっています。

江戸期に確立されたという西国33観音札所めぐりも、霊場から霊場へ徒歩で巡り、道中の安全も保証されず決死の覚悟で、その強靱な信仰心に支えられた純粋なものが中心だったが、行楽気分でその一部だけをお参りする人も多かったようである。
現代では、交通特に車の発達により往時に比して楽にお参りできるようになり、信仰心よりも行楽中心の巡礼が多くなっているが、それでもお参りすることにより心洗われ信仰心が芽生えるならば、それで現代的な意義がありよいではないかとの声も聞かれる。